トップ  > 第63回 日本PTA九州ブロック研究大会鹿児島大会(報告)

第63回 日本PTA九州ブロック研究大会鹿児島大会(報告)

第63回  日本PTA九州ブロック研究大会鹿児島大会(報告)
 
⊶ 大会スローガン ⊷
                     (かた)    (かごんま)
「明治維新150年 語いもんそ鹿児島で~みんなで成長していくPTA活動~」

 平成31年10月27日28日の両日にわたり、第63回日本PTA九州ブロック研究大会鹿児島大会が鹿児島アリーナをはじめとする鹿児島市内6会場において八つの分科会と全体会が開催されました。
 「地域や学校をはじめ、豊かなつながりの中で、次代を担う子どもたちを育てるPTA活動はどうあればよいか」を研究主題に、鹿児島市内からの参加者約1,000名を含む7,277名が九州各地から参加しました。各分科会とも、提言発表、指導助言、基調講演やパネルディスカッション等があり活発な意見交換が行われました。
 2日目の鹿児島アリーナで行われた開会式においては、牧眞弘前鹿児島市PTA連合会会長をはじめ、鹿児島市PTA連合会より5名の方が九州ブロックPTA協議会から表彰を受けられました。
全体会では株式会社てっぺんの大嶋啓介氏による「大人が変われば子供が変わる。子供が変われば未来が変わる。」の演題で記念講演があり、会場全体が涙と笑いに包まれ、参加者全員が元気をもらった充実した講演会となりました。
 また、今回は鹿児島市PTA連合会が五つの分科会の担当責任者となり、各単位PTAより約500名の会員にスタッフとしてご協力をいただきました。九州各県P連の会長方や日本PTA全国協議会より、鹿児島市PTA連合会の担当分科会の運営対して最高の評価をいただくことができました。
 皆様のご協力に心より感謝申し上げます。



 

鹿児島市PTA連合会

〒 892-0816

鹿児島市山下町5-9

TEL:099-225-7100

FAX:099-225-7101